テレホンセックス1919体験談

テレホンセックス1919体験談では、体験談とともにテレフォンセックスに関する話題をお届けします。

気軽に出来るテレホンセックス

テレホンセックスはリアルセックスと違って、身体的なリスクがなく、
女性にとってハードルが低いものとなっています。
意外と女性は欲求不満で、毎日を悶々と過ごしています。
そういった女性がテレホンセックスサイトで性欲を解消しています。
欲求不満の女性と知り合って、上手くいけばそれ以上の関係も…。
是非お試し下さい☆
体験者おすすめのテレホンセックスサイト
エンジェルライブのバナー
エンジェルライブPC/スマホ対応
4.9 オススメ:10 OL素人

完全素人にこだわった本格派テレホンセックスサイト!あなたの身近にいるようなごくごく普通の”ちょっとエッチな女の娘達”と1対1でトークを楽しめます♪年齢や好みのタイプ、住まい検索までOK!日本人だけに限らず、海外の女の子たちも多数参戦!

無料特典
3000円分無料
マダムライブのバナー
マダムライブPC/スマホ対応
4.7 オススメ:8 OL素人

業界一の運営歴を誇るテレホンセックスサイトだから、在籍している女の子の数が圧倒的に多いのが特徴。 エンジェルメーターでエッチ度やSM度をチェックすれば、好みの女の子を見つけやすい。24時間いつでもイチャイチャし放題です!

無料特典
3000円分無料
ジュエルのバナー
ジュエルPC/スマホ対応
4.1 オススメ:7 人妻OL

人妻達がアップする無料PRビデオをチェックしてるだけでも楽しめる!興奮してきたら24時間いつでも待機中の欲求不満な人妻たちと刺激的かつ倒錯的なテレホンセックス開始☆熟れに熟れた肢体がエロ心をくすぐります!

無料特典
3000円分無料

テレフォンセックスで1919

あなたにとってテレフォンセックスとはなんの為にあると思いますか?

私がこのサイトタイトルを『テレフォンセックス1919体験談』にした理由としては、なにより体験談は一番面白いという事を伝えたいです。

体験しないとわからない事がどんどんわかるようになっていく、まさに一生勉強ということではないでしょうか?

どのサイトにも体験した事を日記に書いてます。その中で感じたことをユーザーに伝えたい部分はみんながみんな同じ考えだと思うからです。

テレフォンセックスを初めて経験した当時21歳。初めて彼女ができて遠距離になって唯一彼女と繋がっていると感じたのはテレフォンセックスでした。

あれから10年。

出会い系サイトで知り合った数は二桁を越え、会えない時はテレフォンセックスで欲を解消していました。

また顔も知らない女性とテレクラでテレセからはじまり即アポからお付き合いしたケースもあります。

最近はテレクラサイトでもバーチャルセックスを楽しむのは当たり前。チャットし放題で若者達に人気があるライブチャット。

電話エッチの時代ではなく声も体もそして顔を見ながら楽しめる時代になったものです。

肉体関係ではなく想像の中の愛情表現というなんとも言葉おかしいですが、経験したことがない人はもちろん、経験したがこんなもんじゃないという方にとっては面白いサイトではないかと思います。

過去に起きた出来事はすべて体験として残ります。今、どこかでテレフォンセックスで盛り上がってるカップルは顔もわからない見知らぬ男女でそこから出会いがスタートしているかもしれません。
テレホンセックスの楽しさは体験しなければ分からないのですが、右も左も分からない内に始めるのは少し抵抗があるのも事実でしょう。
先程も言いましたが、ここはテレホンセックスで体験した事を書き綴っていくのを目的としているので、テレホンセックスに関する基礎的な知識や、テレエッチに伴う不安や相談事を中心に扱ってはいきません。
ですが、上記のようなテレホンセックスに関することが知りたい人のために、それに特化しているサイトを紹介しておきます。
■テレホンセックス相談所-不安なくしてテレエッチ-
テレホンセックスに関する初歩的な疑問や不安には優しく説明しているのですが、残念ながら「体験談」には特化していないので、テレホンセックスの体験談が読みたい人は、ぜひこのサイトを楽しんでいって下さい。

テレホンセックスのコツ&テクニック集

テレホンセックスにはコツがあります。言葉だけのセックスなので、飽きてしまいがちですが、上手く行うことで、とても気持ちよくテレホンセックスを行うことが可能です。

【SとMの関係を維持する】

テレホンセックスで大切なのはこのSとMの関係です。通常男性がSだとテレホンセックスは上手く行きやすいです。

これは声だけでセックスを行い、実際に相手の体へ触れるわけではないため、指示をする側受ける側がいた方が効率よくできるためです。通常Sの男性が女性へ指示をします。女性側が適度に嫌がるようなことや、言葉責めなどをどんどん取り入れましょう。

【言葉責めを巧みに操る】

テレホンセックスにおいて一番大切なものは、この言葉責めです。やはり電話上で行うセックスですので、言葉は欠かせません。

しかしそのためには言葉のボキャブラリーがとても大切です。ただ同じ言葉ばかりを言っていては相手も飽きてしまいます。
様々な言葉を使いこなせるようにしましょう。テレホンセックスは比較的イメージトレーニングをしやすいものですので、あらかじめ考えておくというのも大切です。

言葉責めの基本は、相手がどう感じるのか、どこを感じるのか、何をしてもらいたい(やめてもらいたい)のかということを聞き出すことです。
自分で発する言葉に恥ずかしがらずに、どんどん言いましょう。

【スカイプやラインなどを利用しよう】

テレホンセックスがここ最近で爆発的に増えてきた理由の1つに電話料金の無料化ということがあげられます。
現実的な話になりますが、やはり電話代を気にしていては気持ちよくテレホンセックスを行うことはできません。通話料金ということを考えなければいけません。

例えば電話会社を見ても、時間帯やプランにもよりますが、ソフトバンク同士は無料で電話することが可能です。
またウィルコムも同様です。

他には、インターネット回線を使った通話ツールであるスカイプやラインなどを用いれば、パソコン上だけでなく、スマートフォン同士でいつでも無料で会話ができます。こういったツールを使って無料で電話をするのがテレホンセックスを上手く行う方法です。

【電話にこだわらない】

テレホンセックスというとどうしても名前に捕らわれてしまい、声だけのセックスをしてしまいがちです。

確かに言葉だけのセックスというのがこのテレホンセックスの基本ですが、ずっとそれだけでは飽きてしまいます。
時にはスカイプのカメラを使って、オンラインで相手の顔を見ながら行うとより興奮度は高いです。また、相手に写メを撮らせるというのも1つの方法です。

自分なりの方法を見つけてみましょう。

言葉責めは、いわゆるエッチな言葉、いやらしい言葉を言って相手に快感を与えるセックステクニックです。

テレホンセックスやライブチャットを行う際はこの言葉責めは必要不可欠となります。相手に触れることなく、言葉だけで相手に快感を与えるためかなり難しいテクニックのように思われますが、コツをつかめば誰でも簡単に行うことができます。

言葉責めの対象は一般的にMであることが多いです。また、言葉責めは男性が女性に対して行う方が効果的です。なぜなら男性の低い声は女性に対してとても魅力的で、男性が女性の耳元でささやくだけで胸が躍るという女性は多いものです。

【セックスで行う言葉責めの場合】

テレホンセックスやライブチャットなどではなく、相手に直接触れ合って行う一般的なセックス中に行う言葉責めの場合、単に言葉責めだけでなく、相手に触れることができるということを有効活用しましょう。

言葉責めはシチュエーションがとても大切です。そのため、雰囲気作りから入りましょう。部屋を暗くして、徐々にエッチな話をしていき、言葉責めと行きます。相手に目隠しをして、手首を軽目に縛れば、軽目の言葉責めでも感じやすい人感じてしまうようです。

人間は視覚が遮られると、代わりに他の感覚が過敏になるようです。

コツとしては、相手の耳元でささやくように言いましょう。言葉だけでなく、音も有効で、相手の局部を舐める時の音などを聞かせるというのも良いでしょう。そのためあえて音を立てて舐めてあげ、「こんなに濡れているね」と言ってあげるのも効果的です。

【電話などで言葉責めを行う場合】

電話などで言葉責めを行う場合、相手の姿が見えないどころが、相手に触れることすらできません。

もはやセックスではないのではないか?と思う人もいるかもしれませんが、言葉責めを上手く行うことによって普通のセックスと同じくらい相手に快楽を与えることができます。

部屋の電気を消したり、耳元でささやいてあげたり、いきなり言葉責めをしようとは思わずに、エッチな話をしてから持っていくなど、話の流れから持っていくようにしましょう。言葉責めも一種の会話です。いきなり言葉責めを始めてはやはり不自然です。

テレホンセックスで言葉責めを行う場合、相手の姿が見れなく、相手に触れることができないため、その分言葉や声が重要になります。声はやはり低い方が女性にとって好感が高く、自身で言葉責めに照れてしまい早口になったり、噛んだりしないようにしましょう。

声しか使えることのできないテレホンセックスの場合、大切なことは言葉を絶やさないということです。
普通の電話でも同じですが、電話で無言になってしまうととても気まずいですよね?エッチなシチュエーションや雰囲気を大事にするテレホンセックスではなおさらです。会話を絶やさないようにするためには、言葉責めに関する言葉のボキャブラリーが重要です。

ボキャブラリーを増やすようにしましょう。

【雰囲気が大切】

通常のセックスにおいても、電話上でのテレホンセックスにおいても言葉責めを行う場合は雰囲気がとても大切です。エッチなシチュエーションが作られていないのにいきなり言葉責めを行おうとすると、相手は引いてしまいます。

言葉責めは最初から誰でも簡単に上手く行うことができるテクニックではありません。
言葉がでてこないだけでなく、自分が発した言葉に自分自身が照れてしまうことだってあります。上手くできるようにはイメージトレーニングや練習が必要です。